転職にはタッチタイピングの習得を。文字入力が速いと有利です!

タッチタイピングの習得 事務職
スポンサーリンク

タッチタイピングとはキーボードを打つときに手元を見ないで入力することで、すこし前まではブラインドタッチという言い方をしていました。

呼び方に変化があったのは、「ブラインド」という言葉が差別用語にあたるといった理由のようで、最近ではタッチタイピングと表現することが多くなっているようです。

そんな呼び方はともかくとして手元を見ないでタイピングできたならちょっとかっこいいですよね。

練習してタイピング速度を上げましょう

事務職の仕事では、キーボードから文字入力をする機会は多いと思います。

それなら、当然入力速度も速い方が良いに決まっていますよね。

キーパンチャーの仕事でもない限りは、それほどの速度を求められることはないとは思いますが、タッチタイピングができるなら仕事の処理能力は確実に上がります。

タイピングスキルアップ

これから転職を考えている人は、履歴書の特技欄にタイピング能力が高いことを記入することで自己アピールができますよ。

ホームポジションに指を置きます

タッチタイピングはキーボードの配列を覚えて、ホームポジションと呼ばれる場所に指を置いた状態で文字を入力していきます。

文字を入力するときは常にパソコンの画面を見ている状態です。(原稿があれば原稿と画面を交互に見ています)

キーボードを見ると「F」と「J」には突起が付いていますよね。

突起があるので目で確認しなくても触っただけで「F」と「J」のキーだと分かります。

その「F」キーに左手の人差し指を、「J」キーに右手の人差し指を置きます。

左右の残りの指は「F」「J」キーの横並びに置きます。

これが基本となる指の位置でホームポジションと呼ばれています。

タッチタイピング

上の図の中では赤枠で囲まれた部分がホームポジションです。

左右の指をホームポジションに置くと親指は自然にスペースキーに乗った状態になります。

入力をするときは、まずホームポジションに指を置いた状態から開始します。

それぞれのキーをタッチするのは決められた指のみです。

上の図のように人差し指は緑のキー、中指はピンクのキー、薬指は青のキー、小指は黄色のキー、親指はオレンジのキーといったようにそれぞれの指にキーが割り当てられています。

ぶるう
ぶるう

どの指でどのキーをタッチするのかを覚えてね。

キーをタッチした後はまたホームポジションに指を戻します。

キータッチしない指は常にホームポジションにおいておきます。

練習の方法

練習の方法は、初めのうちは手元を見ながらキーの配置を覚えることから始めましょう。

キーの配置を覚えながらそれぞれの指をどの位置に動かすのかも覚えていきます。

たとえば右の人差し指の動きなら、まずホームポジションの「J」のキーに指を置いて、「U」をタッチしたいのであれば一つ上のキーに指を動かしてタッチしそのあと「J」に戻します。

「M」をタッチしたいのであれば「J」から一つ下のキーに指を動かしてタッチしそのあと「J」に戻します。

指を動かす距離が少ないように考えられているのです。

キーの位置とタッチする指を覚えたら徐々に手元を見ないでタイピングできるように練習します。

あなたの好きな文章や歌の歌詞などをタイピングすると楽しいですよ。

毎日10分程度でよいので、練習を続ければすぐになれますよ。

大切なのは続けることです。

ぶるう
ぶるう

少しの時間でも続けることが大事。

このように独学でも習得することはできますが、タイピングソフトを利用した方が楽しくストレスなく上達ができますよ。

パソコンによっては、タイピング練習のソフトが標準で入っていることもありますので、そのソフトを使って練習すれば十分だと思います。

インターネットで探せば無料で提供しているタイピングソフトもあります。

市販のタイピングソフトなら好きなキャラクターと一緒に楽しく練習できますし、比較的手頃な価格の商品も販売されています。

特打ヒーローズ 名探偵コナン(最新)|Win対応|タイピング練習【自宅学習 教育 学習支援ソフト】
特打ヒーローズ 名探偵コナン(最新)|Win対応|タイピング練習【自宅学習 教育 学習支援ソフト】がPCソフトストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。オンラインコード版、ダウンロード版はご購入後すぐにご利用可能です。

自分がどのくらいのレベルを目指すのかによって、練習方法を決めるとよいのではないでしょうか。

ローマ字入力と、かな入力はどちらが良いのでしょう?

もしあなたが全くの初心者で、なるべく早くタッチタイピングを習得したいと思うなら、ローマ字入力で練習することをお勧めします。

一般的にも言われていますが、ローマ字入力であれば、キーボードにあるキーの位置を26個覚えれば良いのに対して、かな入力だと50音分覚えなければならないのでローマ字入力の方が楽ですよね。

入力方法

ただ、それぞれ好みもありますので、ご自分の練習しやすい方を選んでもらえれば良いですよ。

また、入力業務を専門的に行う仕事では、連想入力という入力方法が採用されています。

連想入力とは漢字を効率的に入力するための手法で、かな入力で行います。

興味のある方はこちらをご覧になって下さいね。

連想入力の技術を取得すると希少価値のある人材になれます。
連想入力というとあまり馴染みがありませんが、これは漢字入力が驚くほど速くできる入力方法のことです。習得すると入力業務を専門とした仕事に就くことができます。全盛期に比べるとかなり減少してしまったキーパンチャーの仕事ですが、今なお求人はあるのです。

転職するにはどれくらいの能力が必要なのでしょうか

それでは転職するためには、どのくらいのレベルまで練習しなければならないのでしょう。 ちょっと心配ですよね。

職種にもよりますが、入力が中心の業務でなければ、1分間で60~80文字程度入力できれば十分のようです。

派遣会社に登録する際にはタイピングのスキルチェックがありますが、そのくらいのレベルのようです。

もちろん、ただ速いだけでミスが多いのでは意味がありません。

タイピングスキルは正確性も大事ですので、練習する場合は意識しておきましょうね。

 
ぶるう
ぶるう

速いだけで間違いが多いのはだめよ。

一度あなたがどれくらいのタイピングスキルなのかを測ってみるとよいですよ。

タイピング練習

自分には十分なスキルがあると思ったら、転職時の履歴書に「1分間に○○文字入力出来ます」といったように、具体的な数字を記入することで企業側へアピールできますよ。

入力速度の資格取得を目指しましょう

タイピングのスキルに自信のある人は、資格取得を目指すのも良いかもしれませんよ。

資格試験はたくさんありますので、以下に主なものをご紹介しておきますね。

パソコンスピード認定試験(主催:日本情報処理検定協会)

ビジネスキーボード(主催:日本商工会議所)

キータッチ2000(主催:日本商工会議所)

タイピング技能検定イータイピング・マスター(主催:イータイピング株式会社)

パソコン検定 タイピング試験(主催:全日本情報学習振興協会)

おわりに

タッチタイピングを習得すると転職時に有利になるのはもちろんですが、仕事に就いてからも効率よく仕事をこなすことができるので、結果的にあなたが高く評価されることになります。

一日10分間の練習でも、毎日続ければ必ず上達しますので、是非がんばってみて下さいね。