転職先にお局様(おつぼねさま)がいた。上手な付き合い方と対処法。

転職先にお局様がいた 転職活動
スポンサーリンク

やっと転職先が決まったのに、お局様がいたら大変です。

職場のお局様というと、あまり良い意味では使われていませんよね。

多くの場合、長年その職場に勤務している、口うるさくて意地悪な女性といったイメージでしょうか。

女性の多い職場だと、お局様がいる確率は高いのです。

わたしの出会ったお局様

わたしが新卒で入社した会社には、典型的なお局様がいました。

もう40年も前のことですが、当時の女性といえば、『数年働いて20代のうちに結婚退職するのが当然』というのが社会の常識でした。

今では考えられない常識ですが、そんな時代の職場に自分の母親よりも年上の独身の女性が働いていました。

その方は大勢の女子社員を総括している、いわゆるお局様でした。

わたしも若かったので、とにかくお局様に目を付けられないように、叱られないように必死だったのを覚えています。

その後、わたしは何度も転職をして、いろいろな職場を経験することになるのですが、どんな職場に行ってもお局様らしき人は存在していました。

先入観を捨てる

わたしは転職をするたびに、新しい職場でまず気になるのが、「この職場のお局様的な存在は誰だろう」ということでした。

お局さま1

しばらく働くと何となく誰がお局様なのか分かってくるので、ある程度気を付けることができるのですが、わたしは一度だけ運悪く、転職初日に先制パンチを受けたことがありました。

右も左も分からない新人に、いきなり暴言を吐くことができるなんて本当に厄介です。

とは言ってもお局様も社会人なので、全くの悪人というわけではないのです。(と、思いたい。)

新しい職場では、まわりのちょっとお節介な人から、お局様の悪い情報を教えてもらうこともあるかもしれませんが、全部を鵜吞みにしないのがよいと思います。

最初から自分の中で嫌な人というレッテルを貼ってしまうと、マイナスイメージからのスタートとなってしまいます。

なるべくお局様を理解するように努めたり、自分から心を開いたりする努力も必要なのですよね。

お局様にも苦手なことがきっとあると思いますので、手伝ってあげると案外仲良くなれるかもしれませんしね。

知識や経験は豊富なお局様

長年仕事をしてきたお局様は知識や経験が豊富です。(そうでない人もいるかも。)

分からないことがあれば教えてもらう謙虚な姿勢や、尊敬の気持ちを持って接していれば、お局様にも伝わると思います。

お局様というとやはり年齢が高い人が多いのですが、わたしの場合自分が年を重ねていくうちに、転職先で出会うお局様との年の差も近づいていきました。(中には年下もいましたが。)

そうすると、少しはお局様の気持ちや苦労も理解できるようになってきたのです。

ヒステリックになるのはいただけませんが、若い人を叱らなければいけないお局様の立場も大変ではあるのですよね。

同僚の結束力が高まる

お局様も人間なので、感情的になることがあります。(しょっちゅうだと困りますが。)

お局さま2

理不尽に叱られることもあるかもしれませんし、まわりにも同じような被害者がいるかもしれません。

お局様の態度に我慢出来なくなったら、その人たちに助けを求めるのが一番です。

「今日、お局様にこんな事を言われた」とか、「自分は悪くないのに叱られた」とか、同僚の間で愚痴を言って慰めあうことで、結束力が高まっていくのです。

お局様や上司などの愚痴を言い合っていると、何故か仲間意識って強まるものなのですよね。

ただ、そうやって悪口や陰口を言うことで築いた結束力や仲間意識は、案外簡単に崩れるものでもあるのです。

仲間だと思っていても、陰で足を引っ張られていたなんてことはよくある話です。

お局様の存在は必要かも

定年などで、年配のお局様が辞めてしまったら、昔の職場のことを知っている人がいなくなってしまいます。

それに、普段お局様が悪者になってくれているので、いなくなると仲間内のバランスが崩れてしまいます。

集団の中では、悪役として攻撃するターゲットが常に必要なので、お局様がいなくなったら別の人がターゲットになることも多いのです。

お局様を追い出すことができたといって喜んでいたら、いつの間にか自分がお局様的な立場になっていて陰口をたたかれているかもしれませんしね。

また、上司は自分が女性に言いにくいことは、お局様を通して伝えてもらうことも多いです。

上司は自分が嫌われたくないので、お局様に悪役を押し付けるのですよね。

お局様とお姑さん

独身の女性なら、職場でお局様と接する経験は、結婚後に活かせると思います。

お局様と上手に接することができるのなら、きっとお姑さんとも上手にやっていけると思うのです。

お局様とお姑さんを一緒にするのはどちらに対しても失礼なのかもしれませんが、何となく似ているところがあると思うのですよね。

張り合ったり、歯向かったりすると関係がこじれてしまいますが、尊敬したり尊重したりして相手のことを想って行動すれば、きっと好い関係が築けますよ。

これから結婚を考えている人なら、結婚前の修行と思って割り切るのも良いかもしれませんね。

おわりに

本当はお局様だからといって、特別な対応をする必要はないのでしょうね。

真面目に仕事をして誠実に相手と向き合っていれば、理不尽に攻撃されることもないと思います。

それでも、訳もなく叱られたり嫌味を言われたりすることがあるかもしれません。

そんな時は、誰かに思い切り愚痴を聞いてもらって発散すればよいですし、本当に我慢できなくなったら、仕事を辞めてしまえばよいのです。

決して我慢しすぎて、体調を崩してしまうことだけはないようにして下さいね。