一般事務の仕事内容は?働くにはどうすればいい?

一般事務の仕事内容は? 事務職
スポンサーリンク

「事務の仕事をしてみたいけど、求人にある一般事務って何をするのかな?」

「何か資格を持ってないと仕事ができないのかな?」

一般事務の仕事は女性に人気ですが、こんな疑問をもっている人も多いのではないでしょうか。

仕事の内容を知ってあなたも一般事務にチャレンジしてみましょう。

一般事務の仕事内容

求人広告や求人サイトの職業欄で目にする一般事務とはどのような仕事をするのでしょう。

一般事務の仕事に就いてみたいなと思っていても、漠然として実際にどんな仕事なのか分からないですよね。

広い意味で一般事務と言われている仕事の内容は、基本的には文書の作成や備品管理、メールや書類を送ったり電話対応をしたりします。

一般事務の仕事

会社内で専門的に働く他の社員を助ける仕事と思っていただいても良いかもしれません。

ぶるう
ぶるう

縁の下の力持ちかな。

職場によって仕事内容はさまざまです

けれども一口に一般事務といっても、採用された企業によって業務内容は異なります。

例えば大きな企業には、総務部、経理部、営業部、製造部等と多くの部署があります。

各部門に事務処理をする人材が配置されて業務を行っていますが、それぞれの部署での作業は異なっていて、経理部であれば会計業務、営業部であれば見積書や請求書の作成といったようにその部署独自の業務となります。

他にもOA機器で毎日一つの作業を繰り返すといったルーティンワークもあります。

同じ一般事務という募集で就職しても、配属先によって業務内容は違ってきます。

ぶるう
ぶるう

どんな仕事かしっかり確認してね。

また、中小企業や小さな商店の一般事務だと、その業務の内容は幅広く大きな企業の各部署の仕事を全て一人でこなさなければならない場合もあります。

おおまかな業務の内容は求人票や面接時の説明で確認することができます。

経験は大きな武器になります

どんな職種であれ、過去に一般事務の経験があれば転職や再就職の際には有利になります。

例えば、経理事務しか経験がないとか人事の仕事しか経験がない人でも一般事務の経験者です。

企業が求める人材はその時々で違うので、全ての一般事務の求人に有利というわけではありませんが、経験は大きな財産ですので有効に活用しましょう。

また、事務の経験がない人もこれまでの経験を事務に活かすことができますよ。

販売業であればコミュニケーション能力や接遇マナーの能力が高いでしょう。

飲食業であれば仕事の段取りが速く会計の能力も高いでしょう。

このような能力は事務職にも通ずることですので、あなたに備わっている能力をアピールして就職を有利に進めて下さいね。

資格を有利に使いましょう

一般事務であればパソコン系の資格を持っている人の評価は高いです。

パソコン系の資格には多くの種類がありますが、それ程高度な能力が求められるわけではありませんので検定レベルの資格で十分です。

十数年前に学生時代に取得したような資格でも、積極的に履歴書に記入しましょう。

一般事務を希望するけどパソコンの操作はちょっと苦手という人もいらっしゃるかと思います。

最近では、どんな職場でも業務にパソコンを使用しますので、パソコン操作が苦手な人は残念ながら一般事務はあきらめた方が賢明です。

ぶるう
ぶるう

パソコンが使えた方がいいよ。

でも、経験や資格はないけどパソコン操作は嫌いではないという人は、努力次第で十分に対応できるはずです。

可能であれば事前に独学で勉強したり、資格を取得したりして就職活動に臨んで下さい。

タッチタイピングが出来れば、尚良いでしょう。

派遣社員として働く

一般事務の仕事がなかなか決まらないときには派遣社員として働くことを考えてみて下さい。

派遣社員というと契約期間があって長く働けないので、出来れば直接雇用される方が良いと思う人が多いのではないでしょうか。

安定を求めて就職活動の際に派遣の求人を避けているという方は、一度派遣社員としての働き方も考えてみてはどうでしょうか。

事務職の経験が無い人の場合はとりあえず派遣社員として事務経験を積んでから、その後その経験を活かして再度就職先を探すという考え方もあります。

派遣社員の仕事の中には、比較的仕事内容が簡単でスキルもあまり求められないものもあります。

派遣で働く

そのため、初心者でも採用されやすくなっています。

派遣社員として一般事務を3年間経験したとすれば、転職時には経験が大きな財産になりますし、その3年間で知識が得られ、スキルアップし、さらには資格も取得できているかもしれません。

一つのステップとして、派遣社員として働くことも検討されてみてはいかがでしょうか。

短期の仕事に就く

派遣社員よりさらにハードルが低い業務で短期契約の仕事に就く方法もあります。

年度末などに、官公庁から繁忙期のみ数か月間の求人が出でいるのを見かけたことはありませんか。

年末調整や確定申告といった、業務が集中する時期に事務のお手伝いの仕事が数人単位で募集されています。

長く働きたい人にとっては数か月間の勤務なので敬遠されますが、事務職の経験がない人は一度こういった業務を経験し、契約終了後に再度本格的に就職活動をしてみるのも良いかと思います。

未経験者でも採用されることもありますよ。

ぶるう
ぶるう

自信をつけるにはよいかも。

仕事内容は簡単なものかもしれませんが事務職を経験することに変わりはないので、その後に活かすことができるでしょう。

また、派遣社員の中にも短期の仕事がありますし、一般の企業でも短期の事務の仕事もありますので、検討されてみてはいかがでしょうか。

おわりに

このように、一般事務といっても幅が広く、働き方もいろいろあります。

今すぐ希望する事務職で働きたいのか、それとも長期的な計画で希望の仕事に就きたいと考えているのかによって仕事の探し方も変わってくるかと思います。

あなたの年齢や環境に合った方法をしっかり考えて、転職を有利に進めて下さいね。