ハローワークの便利な機能と上手な利用方法

ハローワークの利用方法 求人情報
スポンサーリンク

ハローワークにはいろいろな機能があります。

仕事を探すのはもちろんのこと、就職までのサポートからセミナーまで行っています。

もちろん無料で利用できますので、上手に活用しましょう。

詳しい情報を見ることができます

ハローワークで求職申込をするとハローワークカードを受け取ることができます。

ハローワークの求職申込についてはこちらを参考にしてくださいね。

ハローワークへ登録。まずは求職申込をしましょう。
ハローワークを利用しなくても転職できると思っている方も多いでしょう。確かにそうかもしれませんが、利用できるものはせっかくなので利用しておきましょう。仕事を探している人なら誰でも利用できますのでその内容についてお伝えします。

このカードはハローワークの受付に提出しますので来所時には必ず持参しましょう。

ハローワークインターネットサービスで求人を探していると、時々企業名が表示されていないものを見かけることがあるかと思います。

そのような求人は、企業側がハローワークに求職申込をして登録をしている人にだけ情報を開示することになっているものです。

この求人は「ハローワーク求職登録者に限定して事業所名等を含む求人情報を提供する求人」といいます。

登録を済ませている人は、ハローワークインターネットサービスで求人検索するときに、ハローワークカードの求職番号を入力してみましょう。

ハローワークロゴ

すると求職申込をする前には見ることができなかった求人事業所名等を、見ることができるようになります。

企業の中にはハローワークに登録している求職者にのみ、情報を公開するところもあるのです。

ぶるう
ぶるう

登録して情報を確認してね。

求人情報を探す場合の企業を選ぶ判断材料が増えますので、大いに活用して下さい。

ハローワークのパソコンで求人の検索ができます

ハローワークには、求人検索ができるパソコンが複数台設置されています。

受付で使用したいことを伝えれば、パソコンの番号カードが渡され、その番号のパソコンを使用することができます。

パソコンの操作は簡単で、タッチペンで選択項目をタッチするだけで、検索することができます。

検索して気になる求人があれば、備え付けのプリンターから求人票を印刷して相談員に相談します。

ハローワーク検索

ハローワークの求人情報は自宅のパソコンからでも閲覧が可能ですが、情報の更新は翌日の早朝となります。

ハローワークに設置されているパソコンでは、企業からの求人を登録すれば随時更新されるとのことで、自宅で閲覧するよりも早く情報が得られるそうです。

(但し、地域によって違いがあるかもしれませんので、来所されるハローワークにご確認下さい。)

少しでも早く情報を得たい方は、直接ハローワークに行って検索するのが良いかもしれません。

希望の企業があれば、その場で紹介状ももらえます。

どんどん相談しましょう

就職活動をするにあたり、やはり誰かに相談に乗ってもらうことが大事ではないでしょうか。

雇用保険の基本手当(失業保険)を受給している人は必ず相談員の方との面談がありますので、その時に疑問点や心配なことを相談することができます。

その他の方も、職業相談や、求人を検索して気になった求人について相談することができます。

相談するには受付で申し込み、番号票をもらいます。

運よく空いている窓口があれば、すぐに案内してもらえます。

たいていの場合は相談者が多いので、自分の番号票の番号が呼ばれるまでしばらく待つことになります。

ぶるう
ぶるう

待ち時間がとても長いハローワークもあるよ。

相談員を指名することもできます

また、特定の相談員を指名することもできます。

数回足を運んだだけで就職が決まればそれに越したことはありませんが、たいていの場合は、何度もハローワークに通って仕事を探すことになります。

その度に、毎回違う相談員の人に相談するのでも良いのですが、同じ相談員であればそれまでの経緯が分かっているので、話がスムーズに進むと思いませんか。

ただし、指名した相談員が別の人と相談中だった場合は、待ち時間が長くなってしまうこともありますので時間に余裕の無い方は避けた方がよいかもしれません。

基本的には空いている相談窓口に案内されます。

相談員を指名することの利点

相談員を指名することの利点は、何度も相談を重ねるうちに相談員の人とも親しくなるので、自分のことを理解してもらえることでしょう。

また、求人票に書いてある以外の情報を教えてもらえることもあります。

相談員にもよりますが、多少なりともハローワークの求人に登録している企業の過去の情報を持っています

実際に就職した人、面接した人の感想や苦情等の情報もありますので、応募したい企業のことが気になったら、聞いてみれば何か情報が出てくるかもしれませんよ。

そして就職活動も長くなれば、うまくいかなくて、無力感や孤独感を抱いてしまうようになってきます。

そんな時に相談員と面談するだけでも、気持ちが和らぐと思います。

ぶるう
ぶるう

ひとりぼっちじゃないよ。

また、私自身の経験ですが、面接時の部屋への入り方を質問したところ、わざわざ詳しい担当者を呼んで来てくださり別室で個別に指導してもらえました。

求人の紹介をしてもらえます

ハローワークに登録していると当然のことながら、求人に応募を希望すれば、企業に連絡を取って紹介状を作成してもらえます。

でも求人票を見ただけではその企業のことや、仕事の内容がよく分からないことも多く、応募することを躊躇する場合もあるかと思います。

そんな時は相談員に自分が知りたい内容を伝えれば、企業の担当者に電話で確認してくれます。

その回答を聞いた上で、応募するかどうかを検討することも出来ますし、納得できればそのまま紹介してもらうこともできます。

各種セミナーに参加できます

ハローワークでは、様々なセミナーが開催されています。

職業訓練といった、数か月に渡るようなものではないので、気になるセミナーがあれば、気軽に参加してみるのも良いかもしれません。

履歴書の書き方や面接の仕方といったセミナーもありますよ。

ハローワーク主催のセミナーは参加費も無料です。

お近くのハローワークでどんなセミナーを実施しているかを調べて参加してみて下さい。

ハローワークセミナー

子育て中のママ向け、シニア世代向けといったピンポイントでのセミナーもありますので、ご自分に合ったものを選ぶことができます。

おわりに

現時点で仕事をしている人や子育て中のママは、忙しくて中々ハローワークに足を運ぶことは難しいかもしれません。

お住いの地域のハローワークによって違いはありますが、土曜日に開庁しているハローワークや、マザーズハローワークといった子供連れでも安心して訪れることができる、子育て中のママのための施設もあります。

ハローワークは働く意思のある人なら誰でも利用できる施設ですので、近くのハローワークで便利な機能はないか調べてみて、是非とも有効に活用して下さい。