面接で緊張しないために効果的な方法。

面接で緊張しないために 転職活動
スポンサーリンク

書類選考も無事に通過していよいよ面接となった時、不安で前の日に眠れないなんてこともありますよね。

面接で緊張することは決して悪いことではありませんが、緊張し過ぎて失敗してしまうことは出来れば避けたいものですね。

みなさんの緊張が少しでも和らいで満足のいく面接になるようにお役に立てるヒントをお伝えします。

たくさん練習しましょう

面接で少しでも緊張しないようにするには、とにかくたくさん練習します。

面接で聞かれる質問を想定して何度も繰り返し練習しているとだんだんと慣れてきます。

暗記するくらい練習すれば、本番では少しは緊張が和らぐでしょう。

練習は本番に近い環境で行う方が効果的なので、転職エージェントやハローワークに登録して模擬面接をしてもらいましょう。

面接の練習

また、たくさん応募して何度も面接を受けましょう。

たとえ不採用だったとしても、面接の練習だったと思って次をがんばればよいのですから。

慣れることは緊張を和らげるのにはとても効果的です。

面接の前に会社の下見をしてみましょう

もし、日程に余裕があるのなら面接会場となる会社に前もって行ってみると良いと思います。

交通手段を確認することはもちろんですが、会社の周りの環境や出入りする人たちの様子などを直接見ることで会社の雰囲気が少しはつかめるでしょう。

面接の日に初めて行く場所よりも、一度訪れたことのある場所の方が緊張感は和らぐものです。

今では、インターネットを利用すれば道順や交通手段をすぐに知ることはできますが、やはり直接行ってみることが情報収集には一番良い方法です。

持っている情報が多ければ多いほど、人は安心できるのです。

ぶるう
ぶるう

緊張も和らぐよ。

面接の日にはじめて行くのであれば、せめて地図を入手して持って行くようにしましょう。

会社には余裕を持って到着するようにしましょう

面接の当日は早めに会社付近に到着して、時間を調整しながら5分前に訪問するようにしましょう。

面接時間に間に合うかどうか気にしながらあせって会社に駆け付けるようでは、それだけで緊張感が高まってしまいます。

ましてや交通渋滞などで遅刻でもしてしまったら、緊張感はマックスですし評価もマイナスです。

到着時間に余裕があれば、面接時間までの間に気持ちを落ち着かせることもできますよ。

けれども時間に余裕があるからといって、面接時間の10分以上前に面接会場に行くのは避けた方がよいでしょう。

会社側にもスケジュールがありますので、早すぎると逆に相手を慌てさせてしまいます。

ぶるう
ぶるう

早すぎるのもよくないよ。

周りの人やモノを観察してみましょう

面接会場に着いてあなたの他にも面接を受ける人がいたら、相手をよく観察してみましょう。

きっとあなたと同じように緊張しているはずですよ。

緊張しているのは自分だけではないことが分かれば、少し落ち着いた気持ちになれますし余裕すら生まれます。

また、面接を受けるのがあなた一人だけの場合はゆっくりと周りを見渡して会社の雰囲気を感じてみましょう。

緊張するとどうしても視野が狭くなってしまって周りのことが何も見えなくなってしまいます。

壁に飾られている絵や置かれている観葉植物を観察して、周りの気配を感じられるように心がけると少しは落ち着けると思いますよ。

面接室

その他に、応募書類のコピーや企業の案内などを持って行って面接前に最終チェックすると自信がもてるかもしれませんよ。

自分を暗示にかけましょう

これを持っていれば落ち着けるとか、あなたにとって縁起が良いものとか、そんなものを身に付けておくと緊張がほぐれるでしょう。

それがどんなものでも自分が信じられるものなら効果があります。

その他にも、昔から言われていることですが、手のひらに「人」という字を3回書いて呑み込んだり、「アマリリス」と17回声に出して言うという方法もあります。

また、小さめの折り鶴を折って左手に握っておくという方法もありますよ。

お守り

深呼吸をしたり、瞑想したり…

とにかく「自分はうまくできる」と暗示にかけられるのであれば、どんな方法でもよいと思いますよ。

面接時の髪型や持ち物について気になる方はこちらをご覧くださいね。

面接時の髪型とメイク。転職する女性は明るく清潔に。
いざ面接となったとき普段の髪型やメイクだと面接官の印象はどうなのでしょう。自分を偽る必要はありませんが少しでも印象はよくしたいものですよね。面接官に好印象を与える髪型やメイクについてお伝えします。

おわりに

どうしてもこの企業で働きたい、何としても採用されたいという熱意があればあるほど面接では緊張してしまうのだと思います。

仮に面接で思ったように話すことができなかったとしても、企業側にあなたの一所懸命さが伝われば採用される可能性はありますよ。

結局は緊張してもしなくても、ありのままのあなたを見てもらうことが一番大切なのではないでしょうか。

あなたの面接が成功するように願っています。