面接での立ち位置と座り方。転職女性のきれいな振る舞い。

面接の座り方 転職活動
スポンサーリンク

面接では必ず椅子に座って話をすることになりますが、そんなときの立ち振る舞いで面接官に悪い印象を与えたくないですよね。

椅子に座る動作一つでも、あなたの印象を大きく変えてしまします。

女性らしくきれいな立ち振る舞いで面接での第一印象のポイントアップを目指しましょう。

座る前にはどこに立てばよい?

椅子に座る前に立つ位置ですが、面接室に入ったらまず椅子の位置を確認します。

そして椅子の近くまで行ったら入り口に近い側の横に立ちます。

立ち位置

会議室のような大きなテーブルにたくさん椅子がある場合は入り口に一番近い椅子の横に、もちろん面接官から「こちらにどうぞ」と座る椅子の指示があれば、指示のあった椅子の横に立ちます。

立ち位置は椅子の右でも左でもよいので入り口から近い位置か、立つのにスペースに余裕のある側に立ちます。

この辺りは臨機応変に対応しましょう。

とは言っても面接室に入った瞬間に判断しなければなりませんので、自分の中でいろいろなパターンをシミュレーションしておくと慌てなくてすむと思いますよ。

なお、面接時のお辞儀の仕方についてはこちらをご覧になって下さいね。

面接に役立つ女性のお辞儀の仕方。種類別に解説します。
みなさんが挨拶をする際、必ずお辞儀をしていると思いますが、日頃から何気なく行っているお辞儀にも種類があるのです。きれいなお辞儀を身に付けて転職時の面接の際には、好印象を与えられるようにしておきましょう。

椅子の座り方

挨拶が終わって面接官から座るように促されたら、椅子の横に立った状態から体は正面を向いたままで椅子の正面に一歩踏み出して座ります。

くるりと回って面接官の方に背中を向けてから座るようなことは絶対に避けましょう。

座るときにはあまり深く腰掛けないように、座面の半分くらいまでの位置に座りましょう。

そうすれば背筋もピンと伸びて、腹筋にも力が入るのでやる気があるように見えますよ。

椅子の座り方

応接室に通される場合もあるかと思いますが、そのときも深々と座らずに半分くらいの位置に座って姿勢よくしましょう。

背もたれにもたれかかるのは絶対にNGです。

また、座ったときの足の位置ですがひざとかかとを揃えてまっすぐにします。

高さの低い椅子でない限りは足を横に流さないようにひざ頭を正面に向けて座りましょう。

ソファーなど低い椅子では、椅子の高さに合わせて足を揃えたままで左右どちらかに流しましょう。

両手は指を伸ばして揃えて重ね、太ももの上におきます。

先に部屋に入って待っている場合

面接官が入室する前に面接室に通されたら、入り口に近い椅子の横に立って待ちます。

面接室が応接室で座って待つようにいわれたら、下座に座って待ちます。

応接室の下座は部屋の出入り口に一番近い椅子になります。

2人掛け以上のソファーと肘掛け椅子がある場合には、肘掛け椅子が下座です。

座って待つ場合は出入り口に近い方に座りましょう。

ソファー

面接官が入室したら、立ち上がって椅子の横に移動しあいさつをします。

椅子の横にスペースがない場合は、その場に立ってあいさつします。

退出するとき

面接が終了したらそのまま立ち上がり椅子の横に移動しますが、座るときと同じように背中を向けないように、立ち上がったときの向きのまま足を椅子の横に引いて移動します。

そして、その場で挨拶をして退出します。

面接の時のお辞儀の仕方について詳しくはこちらをご覧になってくださいね。

また、スカート丈ですがあまり短いと椅子に座ったときに太ももの辺りまでスカートが上がってしまうので印象が悪くなります。

裾が膝くらいのスカート丈であれば椅子に座ってもひざ頭が見える程度でしょうからおすすめです。

面接の時の服装や持ち物についてはこちらで解説していますのでご覧になってくださいね。

面接の服装と持ち物。転職する女性はこうすれば好印象に。
面接にはどんな服装で行くと印象が良くなるのでしょう。スーツを新調して転職活動をがんばるのも良いかもしれませんね。面接の時の服装と持って行くとよいものについてお伝えします。

おわりに

転職の場合はすでに社会経験があるので、このくらいのマナーは出来て当たり前と判断されます。

一般常識の範囲でのマナーのミスは大きなマイナス点になりかねませんので、出来るだけミスのないようにがんばってくださいね。