即戦力になるには。転職した事務職の女子が目指したいこと。

即戦力になるには 転職活動
スポンサーリンク

即戦力として転職したけれど、なかなか仕事に慣れなくて、役に立たないと思われたとしたら悲しいですよね。

せっかく会社から期待されて採用してもらった職場です。

自分の持っている経験や能力を十分に発揮して、新しい職場で即戦力として活躍できるようになるためのヒントをお伝えします。

転職者は即戦力

会社が中途採用者を募集するときは「急に人が辞めることになったから募集した」とか「忙しくて人員不足なので募集した」といったケースが多いですよね。

きっと会社側はとにかく短期間で仕事を覚えて、まわりの人と同じように働いてくれることを望んでいるでしょう。

だからといって会社は新入社員のように、中途採用者を手取り足取り教育している暇はありません。

転職者なのだから、ある程度は自分ひとりで仕事ができると思われていますし、即戦力として働くことを期待されているでしょう。

引継ぎはあまりない

転職者の場合、引継ぎ期間があまりないケースが多いと思います。

急に人が辞めてしまって、引き継ぎしてくれる人がいないこともあるかもしれません。

そんな時でも仕事のヒントはいろいろなところにありますので自分で探してみましょう。

新人

引継ぎを上手にする方法についてはこちらを参考にしてくださいね。

仕事の引き継ぎがうまくできない!上手に仕事を覚えましょう。
転職するとまずは仕事を覚えなければいけません。仕事の引継ぎに十分な期間があればよいのですが、あわてて引継ぎするようではちゃんと覚えられるか不安ですよね。上手に引継ぎを受けて転職を成功させましょう。

覚えることはたくさん

これまでに事務職の経験があって、転職先でも同じような業務を担当することになったとしても、覚えなければいけないことはたくさんあります。

会社に置いてある機器が違えば操作も違うでしょうし、使用しているソフトも違うかもしれません。

同じような作業をしていたとしても、使う機器やソフトが違うだけで、戸惑うことはたくさんあります。

とにかくどんどん操作して慣れることが一番だと思います。

新しい仕事を覚えるときには、普段ならすぐに覚えられるような小さなことでも必ずメモしておきましょう。

最初のうちは新しい事柄がたくさん出てきますので、誰でもキャパオーバーになってしまうと思います。

何でもないようなことでも、メモがあれば頭の中の混乱を避けることができますよ。

応用力と適応力を身に付ける

「WordやExcelを仕事で使うことがでるとアピールして採用されたけれど、新しい職場の文書やデータは様式が違うから作業が難しい」といったようでは即戦力として認めてもらえませんよ。

基本的なことを身に付けていることはもちろんですが、少し内容が違っていても対応できる能力が必要です。

ちょっとした違いにも慌てずに落ち着いて仕事をすることができれば、きっとよい結果が出せますよ。

また、同じような仕事をしていても会社によってはルールが違うでしょうから、自分の仕事のやり方や前の会社のやり方に固執しないようにしましょう。

新しい職場のやり方に適応できるように、柔軟な考え方があった方がよいと思いますよ。

何事にも好奇心をもって新しいことに興味をもつことができれば、すぐに仕事にも慣れて即戦力になれると思いますよ。

即戦力

とにかく聞く

まわりの人が忙しそうにしていると話しかけにくいかもしれませんが、転職して数か月間は疑問があればどんどん聞くようにしましょう。

あれこれ考えるよりも聞いた方が早いこともありますし、はじめのうちならまわりに質問することも許されると思います。

ただ、ある程度月日が経過したころに初歩的な質問をしていると「まだ、そんなことも分からないの」という反応になってしまうので、とにかく最初のうちに集中して疑問点は解決しておきましょう。

おわりに

いろいろな場面で、「慣れる」ということが即戦力として働くための近道だと思います。

仕事を早く覚え、自分からどんどん動き、新しい事柄に適応できるように心がけていれば、早く「慣れる」ことができると思います。

とは言っても、職場の環境や個人差もありますし、転職したら絶対に即戦力にならなければいけないというわけではありません。

あなたの無理のない範囲でまわりに助けてもらいながら新しい職場でがんばってくださいね。